隣うるさい!

一般的な静かな部屋のポイント

静かな部屋のポイント 解説
角部屋

隣住民からの騒音のリスクが中部屋の半分になる。
しかし、角部屋でも隣がうるさかったら意味がありません。
私が考えたアパートの形状が静かさで言えば確実です。

アパートよりマンション

マンションの方が構造が鉄筋コンクリートで遮音性が高い。
家賃が比較的高めなので、金銭的に厳しい。
最上階でなければ、上階からの騒音がある可能性がある。
単身より家族連れが多いので、子供による騒音のリスクが高まります。

隣住人は独身サラリーマン

独身サラリーマン・・・比較的生活リズムが安定しているので夜も静か。
家族連れ・・・子供の騒音リスクが高い。
学生・・・非常に危険。生活リズムもばらばらなので、夜もうるさい。

学生の多い地域は避ける 学生は百害あって一利なし。
公園の近くは避ける

昼の公園・・・家族連れや子供達の騒ぐ声が聞こえてきます。
夜の公園・・・若者の溜まり場になる恐れがあります。

線路の近くは避ける 電車が線路を通過する時、騒音や振動が発生します。
駐車場の近くは避ける 特にコンビニの駐車場は注意。24時間営業なので車の停車音や若者の溜まり場になる恐れがあります。

TOP

スポンサーリンク